自分の住んでいるアパート、マンションに蜂の巣を発見した場合、早めに対処しなければなりません。もちろん刺される心配がありますし、どんどん巣を大きくし、新たな場所にも作りかねません。どのように対処すればいいのか、その対処方法や、賃貸の場合は誰の責任になり、どう対応してもらえるのかについて解説していきたいと思います。

蜂の巣ができたらどうすればいい!?対処方法について

まずすぐに自分で対処しようとせず、アパートやマンションの管理人、大家さんにご相談しましょう。場合によってはすぐにアパートやマンション側で対応してもらえることがあるので、下手に動かずにまずは相談が前提です。対処方法は2通りです。1つは業者にお願いする方法です。この場合気になるのが、料金ですが蜂の種類や蜂の巣の大きさで値段が倍以上変わっていきます。一概には言えないですが、被害が少なくても8,000円程度、高くて30,000円~40,000円ほどかかる場合もあります。この相場を知るとなんとか自分で対処できないか考えてしまう方が多いでしょう。蜂の巣がまだ小さくかなり初期の段階であれば、市販の蜂駆除スプレーで対応できます。ただこれが初期段階であるのか、また危険な蜂ではないのか判断がつかない場合は、下手に触ると病院代までかかりかねません。管理人や業者の方に相談してから行うのがおすすめです。

賃貸の場合、駆除費用誰が払う!?責任はどこにあるのか。

賃貸の場合、蜂の巣の駆除の責任は一体どこにあるのか。業者に依頼すると駆除料金が高額になるので一番気になるところだと思います。ここで重要になるのはどの場所に蜂の巣ができたかです。例えばアパートやマンションの通路、エレベーター、中庭など、共有スペースと考えられる場所の場合、責任は大家さんにあります。占有スペースであるベランダは、借主側に責任が発生します。ただ管理費や共益費を支払っている場合、占有スペースであっても借主の過失で起こったことではないので管理側で対応してもらえます。この辺りは賃貸借契約書に詳細が書かれているので、まずはそれを確認した方が、話がスムーズにいくでしょう。

管理人、大家さんにどう対応してもらえるのか?

前述したように、賃貸借契約書を確認していないと占有スペースなので借主さんで対応してくださいと言われてしまうこともあります。また蜂の駆除に人を派遣するにあたり、駆除に使用したスプレー代や作業代を請求されるということもあります。まずはどういった契約になっているのかを確認することで払わなくていい代金を支払わずに済みます。明らかに、借主の責任になってくる場合でもまずは相談してください。何度か蜂の巣が出来た経験があるかもしれないので業者紹介してくれたり、スタッフの派遣をしてもらえた方が安く済むかもしれません。

賃貸の場合はまず相談、それから対処方法を考えましょう。

蜂は危険な害虫です。そう言った点でも慌ててご自身で対処するのは避けた方がいいでしょう。もちろんご自身で対処できる場合もありますが、しっかり方法を確認してから駆除してください。また駆除費用を支払わなくて済む場合があります。この辺りも先に確認しておかないと、自分で駆除する手間や無駄なお金を支払わなくて済みます。まずは賃貸借契約書の確認、大家さんへ相談するようにしましょう。